インタビュー

親なき後問題の勉強会を開催した、大阪府立豊中支援学校進路指導担当のNさん

投稿日:2016-11-24 更新日:

木村事務所を利用される前にどのようなことで悩んでおられましたか?

進路指導の役職について5年目になります。

保護者にとって「支援学校卒業後すぐ4月1日からどうするのか」というのがまず一番の課題です。

しかし、それだけではなく「この先長い将来どうするか見通してもらう必要がある」ということを私はずっと考えてきました。

一年ほど前から、今年は成年後見制度の勉強会をしたいと思っていました。保護者に制度の理解を深めていただく機会を設けたかったのです。

保護者との懇談の際、「親なき後の問題」ということが出てきます。昔と違って、今は少しずつ、さまざまな制度が充実してきています。「子どもたちも、いろんなところから支援をうけながら自立して生きていくのだ」というイメージを持って、安心して子育てをしてほしいと考えています。

木村事務所を知ったきっかけを教えてください。

木村先生とは、とある交流会で知り合いました。ちょうど勉強会をしたいと思っていたところでした。

交流会の主催者から「木村先生は近辺で後見勉強会などの講演をたくさんしている」と聞き「勉強会を実現できるかも!?」とひらめきました。

木村事務所に依頼する際、不安だったことはありますか?

正直なところ「制度の話は難しくて、わかりにくいのではないだろうか」という不安がありました。

木村事務所に依頼する決め手になったことはありますか?

私は保護者が将来に大きな不安を感じていることに心を痛めてきました。命には順番があります。親なき後問題は避けられないことです。成年後見制度を知っているのと知らないのとでは、保護者の心の余裕が全然違うだろうと思い、お願いすることにしました。

勉強会を開催してみての感想を教えてください。

とても満足しています。当日は保護者も非常に熱心に聞いている様子でした。

アンケートでも、ちゃんと講師のメッセージが通じていたことが読み取れました。良かったです。

-インタビュー

Copyright© 木村司法書士事務所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.