相続税が賦課されない「非課税財産」とは

コラム 法律実務 相続

相続税が賦課されない「非課税財産」とは

2020/5/19

亡くなった人の財産は、遺族にとって大切な生活の原資です。賦課される相続税があまりにも重すぎると、最悪の場合は遺産承継の権利そのものを放棄しなければなりません。 こうした不都合に配慮して、相続について取り決める税法や通達で「非課税財産」が指定されています。本記事では、具体的にどんな資産が・どの程度まで課税されないのか解説します。   非課税財産の種類 非課税財産のうち代表的なものは、遺産のうち評価額3,000万円に法定相続人1人あたり600万円を加えた「基礎控除」にあたる部分です。 法定相続人が1 ...

ReadMore

相続税が安くなる「不整形地」とは?

コラム 法律実務 相続

相続税が安くなる「不整形地」とは?

2020/5/10

親世代からの相続で得た不動産は、必ずしも収益性を期待できるとは限りません。なかでも「不整形地」は、売却益や賃料収入の発生までに一定の初期投資を必要とするため、ともすると課税赤字で”負の遺産”化してしまいます。 こうした予測が立っていても、相続人に受け継ぐ土地を選ぶ権利は当然ありません。そこで課税方式の面から「不整形地」の承継負担を減らす目的で、相続税・贈与税に限り課税評価額を引き下げる”補正率”が設けられています。 下記では、不整形地のデメリットを整理した上で、税申告時に適用できる補正率の種類を紹介します ...

ReadMore

コラム 不動産業界 業界動向

テレワーク普及による住まい探しトレンドの変化。アフターコロナの不動産仲介業を考える

2020/5/9

新型コロナウイルスの感染拡大防止をきっかけにテレワークを利活用した在宅勤務を行う人が増加しています。 (株)パーソル総合研究所が行った調査によれば、3月(9日〜15日)の段階でテレワークを実施していた人が13.2%だったのに対し、緊急事態宣言後(4月10日〜12日)は27.9%、緊急事態宣言が発出された7都府県に限ると38.3%となり、3月の2〜3倍の利用率となっています。 これまでテレワークは、ワークライフバランスの実現、人口減少時代における労働力人口の確保、地域の活性化、働き方改革などを目的に政府が積 ...

ReadMore

サクッとわかる不動産業界で必要な民法改正の知識

不動産業界

サクッとわかる不動産業界で必要な民法改正の知識

2020/5/1

2020年4月に改正民法が施行された影響で、不動産業界でも契約方法の見直しの必要性に迫られています。賃貸借契約や売買の際に知っておきたい、業界人視点での改正の最重要ポイントをまとめました。   ポイント①:賃借人の原状回復義務 旧民法には規定はなかったものの、改正民法第621条で「通常損耗」と「経年劣化」を除いて賃借人に原状回復義務があることが明確化されました。なお、原状回復義務には地中に埋設されたもの(廃棄物など)も含まれます。 以前はすでに国土交通省が公表している”原状回復を巡るトラブルとガ ...

ReadMore

経済学

社会保障に使われるお金はどれくらい?財政政策の基礎

2020/5/1

政府は毎年、予算案を出し、国家規模の経済活動を行っています。給付金や支援制度など、パンデミックが起きた時の経済対策も、財政政策の一環です。財政政策は景気に影響し、私たちの経済活動も財政政策の影響を受けています。 日本の経済政策の仕組みを知りたい人 財政政策について、基本的なことを知りたい人 財政政策と金融政策の違いを知りたい人 本記事はこういった方のお役に立てる内容となっています。 財政政策に関する基本的なことについて、分かりやすくお伝えしていきます。   財政政策とは まず財政とは、政府による ...

ReadMore

「死亡保険金」は遺産分割と相続税申告でどう扱われるのか

相続

「死亡保険金」は遺産分割と相続税申告でどう扱われるのか

2020/4/15

生命保険金(死亡保険金)は「受取人の生活を守るための資産」と考えられ、遺産分割や課税において特殊な扱いがなされます。契約内容により節税や”争続”対策に繋げられることから、生前準備の一環として十分検討できるでしょう。   そもそも死亡保険金は「相続財産」なのか   法律上、原則として死亡保険金は「相続財産」として扱われず、遺産分割の対象にもなりません。保険会社と受取人とのあいだで「被保険者が死亡したときに金銭を支払う」という契約を交わし、血縁関係ではなく受取人の固有の権利(債権)として支 ...

ReadMore

相続時精算課税制度を理解するための3つのポイント

相続

相続時精算課税制度を理解するための3つのポイント

2020/4/3

生前贈与に適用できる「相続時精算課税」とは、相続税評価額に贈与分を含めることを条件に、贈与税の控除額・税率が優遇される制度です。 一見すると単なる納税猶予のように思える制度ですが、使いどころを選べば大幅な節税効果を引き出せます。相続時精算課税の基本的な適用要件を紹介した上で、暦年課税と比較しながら特徴を紹介します。   相続時精算課税制度の基本情報 相続時精算課税制度(以下精算課税とも)は、直系親族間での贈与財産について、控除額2,500万円・控除超過分は一律20%の税率を適用するものです。 た ...

ReadMore

経済学

ビジネスパーソンが経済学を学ぶメリット

2020/4/2

ニュースでは経済について頻繁に取り上げられますが、内容を理解しないまま見ていることはありませんか。ほとんどの人は経済学を学ばないまま高校・大学を卒業し、社会に出ていきます。 しかし、私たちの暮らす社会は、資本主義経済社会です。社会は私たちの経済活動で成り立っており、経済の話題は私たちと切り離すことができません。 経済学について多少なりとも知っておくだけで、経済に関するニュースの理解度が抜群に上がります。 また、経済学は人と社会の幸せを追求する学問です。私たち個人がどのように行動し、どのような生産・消費活動 ...

ReadMore

【不動産ビジネスの最新情報】経営者&営業マンに役立つ資格5選

不動産業界

【不動産業界】経営者&営業スタッフに役立つ資格5選

2020/3/24

不動産事業者に対する顧客のニーズは常に変化しています。ピンポイントで具体的な提案を行う力はもちろんのこと、同様の顧客を抱える事業者との”横のつながり”も業績アップに欠かせません。 本記事では、ビジネスの新規開拓にも役立つ業界人向けの資格を5つ紹介します。   相続対策専門士 不動産の実務ではオーナーが生前準備を強く意識していることが多く、知識と提案力不足に悩まされがちではないでしょうか。 「相続対策専門士」は、相続の基礎知識(遺言書作成・相続税算定・法定相続のルール)を有し、複数の視点からオーナ ...

ReadMore

相続登記の最低費用とは?必要書類の発行手数料・登録免許税の計算方法を解説

相続

相続登記の最低費用とは?必要書類の発行手数料・登録免許税の計算方法を解説

2020/3/16

亡くなった人名義の土地建物に必要な「相続登記」の手続きの際は、最低でも1万円前後の費用がかかります。お金がもったいないという理由で登記せずに放置してしまうケースも見受けられますが、これは到底おすすめできません。 多くの人の気がかりとなる「相続登記の最低費用」の解説に加え、そもそも登記が必要な理由を解説します。   相続登記の費用はどこから生じるのか 相続登記にあたり、申請そのものに手数料等はかかりません。費用が生じる原因となるのは、登記申請書に添付する書類の発行手数料です。添付書類の準備が終わり ...

ReadMore

Copyright© 木村司法書士事務所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.