「コラム」 一覧

相続時精算課税制度を理解するための3つのポイント

相続

相続時精算課税制度を理解するための3つのポイント

2020/4/3  

生前贈与に適用できる「相続時精算課税」とは、相続税評価額に贈与分を含めることを条件に、贈与税の控除額・税率が優遇される制度です。 一見すると単なる納税猶予のように思える制度ですが、使いどころを選べば大 ...

経済学

ビジネスパーソンが経済学を学ぶメリット

2020/4/2  

ニュースでは経済について頻繁に取り上げられますが、内容を理解しないまま見ていることはありませんか。ほとんどの人は経済学を学ばないまま高校・大学を卒業し、社会に出ていきます。 しかし、私たちの暮らす社会 ...

【不動産ビジネスの最新情報】経営者&営業マンに役立つ資格5選

不動産業界

【不動産業界】経営者&営業スタッフに役立つ資格5選

2020/3/24  

不動産事業者に対する顧客のニーズは常に変化しています。ピンポイントで具体的な提案を行う力はもちろんのこと、同様の顧客を抱える事業者との”横のつながり”も業績アップに欠かせません。 本記事では、ビジネス ...

相続登記の最低費用とは?必要書類の発行手数料・登録免許税の計算方法を解説

相続

相続登記の最低費用とは?必要書類の発行手数料・登録免許税の計算方法を解説

2020/3/16  

亡くなった人名義の土地建物に必要な「相続登記」の手続きの際は、最低でも1万円前後の費用がかかります。お金がもったいないという理由で登記せずに放置してしまうケースも見受けられますが、これは到底おすすめで ...

連帯保証人を相続するリスク―保証人の地位を相続しない方法とは

相続

連帯保証人を相続するリスク―保証人の地位を相続しない方法とは

2020/3/7  

亡くなった人が連帯保証人だった場合、その保証人としての立場は他の遺産にまぎれて一緒に承継されます。ある日突然「主債務者が返済できなくなったので代わりに支払ってほしい」と催促されても、他の相続財産を得て ...

遺言書作成前に知りたい「3つの形式」―内容を無効化させないための基礎知識

相続

遺言書作成前に知りたい「3つの形式」―内容を無効化させないための基礎知識

2020/2/25  

遺言書には法的に3種類の形式があり、それぞれに細かい作成ルールが定められています。形式の選択ミスやささいな書式逸脱のせいで、せっかくの考え抜いた遺言内容が法律上「無効」になってしまう失敗は、何としてで ...

遺産分割調停の基礎知識―申立てを行うケース&調停の流れ

相続

遺産分割調停の基礎知識―申立てを行うケース&調停の流れ

2020/2/13  

相続人の間でもめ事に発展したときは「遺産分割調停」で解決を図れます。 実際に相続手続きがトラブル化する前に、調停が適したケースや全体の流れを知っておくと安心できるでしょう。今回は、相続手続きのイメージ ...

相続税の計算方法

相続

家族で知りたい「相続税の基礎知識」

2020/2/4  

相続はいつやってくるか分からないライフイベントのひとつです。 余裕をもって備えるために、相続税の基礎知識はご家族全体で共有しておくと良いでしょう。難しいと感じる人の多い相続税の計算方法を中心に、分かり ...

家出・蒸発・行方不明

相続

行方不明者がいるとどうなる?「失踪宣告」と活用できる制度一覧

2020/1/22  

行方不明者が家族構成員にいることで、精神的にも経済的にも状況が宙に浮いたままとなります。次第に経済的側面が重くのしかかるようになり、いつまで経っても再出発することが出来ません。 こうした困った事態を解 ...

家族

相続

法定相続人・法定相続分とは?―”財産の取り分”を計算するための基礎知識

2020/1/9  

相続手続きを始めようとするとき、最初にはっきりとさせたいのが「誰に相続権があるのか」「各自の相続割合はどのくらいなのか」の2点です。 それぞれ民法で具体的に指定されており、遺言書がなく家族間の話し合い ...

Copyright© 木村司法書士事務所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.