宅建業者が知るべき「自然災害」に関する重要説明事項

コラム 不動産 業界動向

宅建業従事者が知っておきたい「自然災害」に関する重要説明事項

2020/8/3

2018年より台風・豪雨・地震等の被害の大きい自然災害が相次いでいます。不動産取引でも、災害リスクに敏感な顧客とともに、あらためて関連法令について整理したいと考える宅建業者の方が増えているのではないでしょうか。 ここでは専門的な知識がなくても理解できるよう、自然災害に関する重要事項説明を俯瞰して解説します。   重説義務の対象となる区域 自然災害の発生源や被害想定区域については、下記法令を根拠に指定が行われています。災害指定区域等に関する理解が完全でなくとも、取引に際して随時法令を参照することで ...

ReadMore

成年後見制度は相続準備にならない?認知症に備えられる手続き一覧

コラム 法律実務 認知症

成年後見制度は相続準備にならない?認知症に備えられる手続き

2020/7/27

成年後見制度は「生前の財産管理」に関する権限を委ねるものであり、遺産承継に関する機能はほとんど持ちません。認知症発症前に相続開始後までの準備を進めようとするなら、早めの遺言書作成など他の手段もあわせて検討しましょう。 下記ではまず、相続の観点から見た成年後見制度のデメリットについて整理します。   成年後見制度のデメリット 成年後見制度が相続準備として不十分、あるいはまったく機能を持たないとされる理由は、下記2つの事情にあります。   後見人業務は本人死亡と同時に終了する 成年後見制度 ...

ReadMore

コラム 不動産 業界動向

コロナ禍で高まる相続への意識。不動産仲介業務におけるビジネスチャンスに変えるためのポイントとは?

2020/7/22

緊急事態宣言の解除から2ヶ月が経とうとしていますが、ここにきて感染者数が首都圏などの都市部を中心に増加傾向にあり、まだまだ予断を許さない状況が続いています。 そんな中、今回取り上げるのは、このコロナ禍が相続の意識にどのような影響を与えているかについての調査です。調査結果によると、「新型コロナウイルス」の流行を受けて、「将来の相続」について「考えることが増えた」と回答した人は全体で17.2%となりました。 とりわけ、相続人(相続される側)である30代が28.1%と高く、同じく相続人である他世代(40代・50 ...

ReadMore

keiyakusyo-kihon

コラム 法務 経営支援

ビジネスで役立つ契約書作成の基本

2020/7/18

企業法務スキルのうち、契約書作成に関するものは最も活用頻度が多いものです。基本的な理解を押さえておくだけでも、実務ですぐに役立つでしょう。   契約書作成の目的 そもそも「契約」とは当事者の合意によって成立するものであり、合意方法までは法規にありません。したがって口約束を行っても成立しますが、万一その後に商品の瑕疵や債務不履行等のトラブルがあったとき、書面がなければ当初の合意条件を証明できず、解決できなくなります。 また、ビジネスでの契約では合意条件が複雑化することが多く、正しく内容を履行するに ...

ReadMore

相続分を譲渡するメリット&デメリット

コラム 法律実務 相続

相続分を譲渡するメリット&デメリット

2020/7/8

資産状況や家庭事情しだいでは、本来は利益につながるはずの相続手続きがかえって重荷になるでしょう。遺産分割協議などの諸々の予定から解放されたい場合、”相続分の譲渡”という選択肢がありますが、実務ではあまり用いられません。相続放棄などの他の手続きのほうが好都合であることがあります。 もしも「遺産の取り分を他の家族に譲りたい」と考えることがあれば、下記の譲渡の性質をよく理解した上で熟考しましょう。   相続分の譲渡とは そもそも「相続分の譲渡」とは、法定相続人として持っている権利割合の全部(または一部 ...

ReadMore

コラム 不動産 業界動向

市況分析から分かった!自粛解除後の店舗集客のポイント

2020/7/6

4月の緊急事態宣言の発令から3ヶ月が経過しました。5月21日に大阪府で緊急事態宣言が解除、6月19日に県境をまたぐ移動制限が解除されるまで、日々の生活は外出自粛を余儀なくされたことに加えて、コロナ不況とも言える経済の停滞による将来の仕事や収入への懸念によって、不動産市況も大きく後退することとなりました。 その一方で、各種制限が解除されたことによって、街には少しづつ人の活気が戻りつつあるように思います。加えて、今月23日〜26日には緊急事態宣言の解除後初となる大型連休があり、新型コロナウイルスの影響で停滞気 ...

ReadMore

コラム 不動産 業界動向

コロナ禍の住まい探し、生活者の71.2%が「どうしたらいいか分からない」

2020/6/19

新型コロナウイルス感染症の影響は、不動産事業者の事業運営や営業活動に大きな影響を与えています。4月・5月の緊急事態宣言時は、生活者が外出自粛を余儀なくされた結果、不動産店への来店・内見数が激減するという状況を生み出しました。 緊急事態宣言が解除されたことで、そういった事態は不動産事業者側の努力(除菌の徹底や三密の防止など)もあり、徐々に改善傾向にあるようですが、今後懸念されている感染第二波によって、また同様の事態が起こるという可能性も否定できません。 今回は、LIFULL HOME'Sが行った調査「新型コ ...

ReadMore

car-souzoku

コラム 法律実務 相続

自動車を相続するときに必要な手続き

2020/6/13

自動車の所有者が亡くなった時は、車両登録名義の変更手続きが必須です。あわせて、車両保険(自賠責保険・任意保険)の契約内容変更も行いましょう。 手間取ることの多い「クルマの相続」について、必要書類や手続きについてを解説します。   まずは「車検証」を探す 自動車の相続が開始されたとき、手始めに行いたいのが車検証(自動車検査証)の捜索です。名義変更手続きにあたって、所有者と使用者の情報や、車両そのものの情報(車名・形式・車体番号)を確認する必要があるからです。 どうしても車検証が見つからない場合は、 ...

ReadMore

イベント

相続法が40年ぶりの大改正 変わる?相続・遺言(株式会社みのパラ)

2020/6/12

みのおサンプラザにて、株式会社みのパラ主催の「相続法が40年ぶりの大改正 変わる?相続・遺言」というテーマでお話させていただきました。 配偶者居住権や法務局での自筆証書遺言の保管など、新しく稼働する制度を中心にお話させていただきました。 施設管理者より三密を避けるために参加者を従来の定員の3分の1に抑えるよう指示があり、今回は広く集客することは控え、今までにご参加いただいた方々にだけご案内をさせていただきました(それでも定員に達するお申し込みをいただきました。このような時期ですが、ご参加いただいた皆様には ...

ReadMore

コラム 経営支援 経済

GDPとは何かわかりやすく説明

2020/6/11

GDP(国内総生産)は、経済のニュースでは頻繁に出てくる経済用語です。 国の経済規模や経済状態を表す際に使われることが多いですね。 今回の記事ではGDPについてわかりやすく解説していきます。 この記事を通してGDPについて知り、経済ニュースへの理解を深めましょう。 GDPとは GDP(Gross Domestic Product)とは国内総生産のことです。GはGross(総体の)、DはDomestic(国内の)、PはProduct(生産物)を指します。 GDPは一国の中で生み出された付加価値の総計です。一 ...

ReadMore

Copyright© 木村司法書士事務所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.